駆け出しネットショップオーナーの必修科目,写真撮影~

Blue fairy
今日の成果。がんばりました。

さて、ネットショップを始めるにあたって絶対に必要なのが写真撮影です。商品を美しく写真におさめて、いい感じにお店に並べてやらなければいけません。
私は中学生のとき写真部の部長だったのですが、なにせ実際に部活に出たのが2回ぐらいしかなかったため、写真のことがさっぱりわかりません。さっそく勉強開始です。まずはやってから考えよう。

スポンサーリンク

撮影ボックスっていうのが要るらしい。でも1,000円で作れるらしい。

●オークション出品写真の撮り方
いい時代になりました。ググって出てきた上記のサイトに、私のようなド素人でも何とかできそうなわかりやすさで、撮影の基本から撮影ボックスの作り方までわかりやすく解説してあるじゃないですか。さっそく熟読して、それからホームセンターで材料を買ってきました。

実際には材料だけでなく大きい定規とか安い照明器具も一緒に買ったので、3,000円ぐらいかかって早くもくじけそうになりました。だってお小遣いがないんだもの。

1,000円撮影ボックス
こんな感じの板です。リンク元には「サンプライ」と書いてありましたが、私が行ったホームセンターでは「プラ段」と書いてありましたよ。

1,000円撮影ボックス
切り離すとわけがわからなくなりそうなので、部品名を書いておきました。

1,000円撮影ボックス
後はカッターで丁寧に切り離します。実際には働き者のウチの奥さんがやってくれたので、私は見てました。一生懸命見てました。

1,000円撮影ボックス
切り離したら、ビニールテープで張り合わせるだけ。あたふたしながらも1時間かからずにできちゃいました。

あとは練習あるのみ…たぶん。

道具は割と簡単にできたのですが、何せ写真なんて携帯のカメラ以外で撮影したことがないので、あとは練習です。
とりあえず今日のところは手近にあった適当な被写体で練習しました。それがこれ。なんでドールが手近にあるのかっていうとゲフンゲフン
Blue fairy
いや~昼間っからドールの写真を撮影してる28歳とか、けっこう自分的にこみ上げる何かがありますね。何かがね。

新作アプリ

新作アプリのご紹介

TimeMachine-SF仕送りアドベンチャー
iPhone/Android対応。放置系SF仕送りアドベンチャー。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 書記長 より:

    こんばんはー。写真、すっごくキレイに撮れてますね!唯一の趣味が写真の私に撮っては、すっごくびっくりしましたよ!人形の髪の毛が若干ボサボサなのは気になりますが、すごーーい!と思いました☆

    • 飯島勇介 より:

      ありがとうございます。がんばって、もっと美しい写真が撮れるように精進します!
      髪の毛がボサボサの件は奥さんにも言われました。レディーの髪に気を使わないようでは紳士失格ですね。

  2. […] ・駆け出しネットショップオーナーの必修科目,写真撮影~ ・ネットショップを始めよう。何したらいいか分からんので、まずパッケージソフトを選ぼう。 ・海外のサイトでお買い物す […]

  3. […] ・駆け出しネットショップオーナーの必修科目,写真撮影~ ・オンラインショップをオープンしました! […]

  4. […] ・2012年7月19日 写真撮影用のスタジオを作る 駆け出しネットショップオーナーの必修科目 ~写真撮影~ お手製のスタジオは今でも大活躍です。※なんだかんだでスタジオ使わない写真 […]

  5. イエロー より:

    はじめまして。
    写真、みました。
    感動するくらい、うまいです。
    これは、一眼レフを使用されていますか?
    私は、ミラーレスカメラを購入しようと考えています。
    サンプライを、バックにしただけで、
    これだけきれいに撮れるのでしょうか。
    今度、古物商を取って、
    海外向けへのネットショップを取り組むつもりです。
    私は、写真撮影が、無茶苦茶、下手くそなので、
    できたら、簡単でもいいので教えてくださると、
    大変、助かります。

    • 飯島勇介 より:

      はじめまして!コメントありがとうございます。

      この記事は3年ぐらい前に書いたものなので記憶があやふやなのですが、一眼レフを使っていると思います。
      記事内のリンクを参考にサンプライで箱を作って、補助ライトと言う名の普通の電気スタンドに蛍光灯電球を付けて照明にしています。

      未だに写真のことはよくわからないのですが(笑)、最近ではこういう撮影ボックスは使わずに、なるべく自然光の中で、自然に商品を使っているイメージで撮影することが多いです。
      本当に写真は奥が深すぎてよくわからないのですが、「キレイな写真」と「見ていて欲しくなる写真」は違うということがなんとなくわかってきました。

      難しいです。