【個人輸入】アメリカのAmazonからモノを買う方法

Amazon
「届けてみせるッ・・・!ワンクリックでッ・・・!」

アメリカのAmazon(Amazon.com)では、日本では売ってないものが売っていたり、同じものでもとんでもない安さで売っていたりします。
この度、知り合いの方から

「もし暇なら、僕の代わりに輸入してよ!っていうか暇でしょ!さぁやれ!今すぐに!ナァーーーウ!」
※大幅な誇張含む

というお願いをされました。これは良い機会です。

勉強の意味も兼ねて、代行業者を使ったアメリカのAmazonからの輸入をやってみました。超絶簡単でした。

なんでアメリカのAmazonなの?

そもそもアメリカのAmazonで購入する理由はなんでしょうか。まぁ最初にも書きましたが、大体こんなところだと思います。

 1.同じ商品でも、(輸入にかかる費用を差し引いても)安いことがある
 2.そもそも日本では売ってない商品である。

って2つしかなかった。ともかく今回は2番です。
要するにちょっとした電気的なアイテムなのですが、日本では売っていませんのでアメリカのAmazonに頼ることになりました。

とりあえずやってみよう

商品によりますが、まずは普通にAmazonで注文してみましょう。住所や氏名の入力だけ英語になるので、下の記事なんかを参考にするといいでしょう。

オンラインカジノファン 住所を英文で書く方法 :
http://www.onlinecasinofan.com/address.php
一般的な英語での住所の書き方 :
http://www10.plala.or.jp/emnet/oyaku.html

で、基本的に日本まで発送してくれる会社の場合、そのまますんなり手続きが進められるはずです。(例外はあると思いますが)
日本まで発送してくれない場合、日本の住所を入力した時点でエラーメッセージが表示されて、それ以上手続きが進められません。

輸入代行業者「スピアネット」にお願いしよう

日本まで発送してくれない場合(アメリカ国内しか発送しない場合)、アメリカの住所が必要になります。

ここで役に立つのが、輸入代行業者です。

検索するとわさわさ出てきますが、今回はスピアネットさんにお願いしました。
スピアネットさんは、安価な手数料かつWeb上の手続きだけですべてを完結してくれます。私のような超絶ものぐさにはありがたいサービスです。

具体的な手続きは非常に簡単です。

 1.スピアネットさんのHPで会員登録
 2.メールにて、アメリカの住所が送られてくる。 ※すぐきました。わずか数分。
 3.2でもらった住所を使い、Amazon.comから発注する。
 4.しばし待つ。(Amazon → スピアネット(アメリカ)に納品)
 5.スピアネットさんから、Amazonから納品したよメールがくる。
 6.日本への転送手続き(Web上)、スピアネットへの料金の支払い
 7.しばし待つ。(スピアネット(アメリカ) → 日本の自宅)
 8.宅配業者が自宅に納品。関税などはその場で代引き支払い。

詳しい手順は以下からどうぞ。
スピアネット 転送サービスの流れ :
http://www.spearnet-us.com/move/outline.html

Amazon Spearnet輸入
そしてこれが納品物です。
時間がかかるものだと思っていたら、Amazonへの発注から2週間程度で納品されました。早い!ズギャァーーーーーーン!

と、ほとんど苦労することなく完了してしまったのであんまり学ぶことがなかったのですが、非常に簡単なので興味のある方はいかがでしょうか。

ひっかかるところといえば、英語での住所表記ぐらいかと思います。何度もやってるのに未だに慣れません。私が。

関連リンクとか

Spear-Net
●【個人輸入】クレジットカード・Paypalの証明がめんどい
●海外のサイトでお買い物する時、気をつけたいPaypalの準備とクレジットカードと切なさと心強さと
●【個人輸入】英語は正直全然できないけど、とりあえず英文メールで意思の疎通ができている件

photo credit: dongga BS via photo pin cc