【読書感想文】日本一のホームページ成功請負人が教える究極のネット集客術を読みました

日本一のホームページ成功請負人が教える究極のネット集客術
日本一のホームページ成功請負人が教える究極のネット集客術

清々しい。清々しいほどのタイトル詐欺が今ここに。内容的にはちょっと古めのWeb集客ノウハウ&サクセスストーリー。

簡単に究極とか至高とか日本一とか言っちゃう人を信用してはいけません。今まで究極とかいう言葉を使って納得できたのは、初代プレイステーションの話題作(?)「超兄貴」に出てくるキャラクター「究極無敵銀河最強男」だけです。
※ ちなみに究極無敵銀河最強男はラスボスなのですが、随所でプレイヤーがこの究極無敵銀河最強男を操作する場面があり、ここでミスするとラスボスが死ぬのでそのままゲームクリアとなる謎ゲームでした。ちなみに究極無敵銀河最強男は股間以外は無敵、股間に一発でも攻撃されると即死という斬新なキャラクターでした。マジなんだろうこのゲーム。
なにげにプレイステーションアーカイブスでプレイできるようなので、ご興味がある方はどうぞ。→超兄貴 〜究極無敵銀河最強男〜

っというわけでNGワード「日本一」「究極」をバッチリカバーしている本書、意外と内容は悪くないのですがとりあえずタイトルは言い過ぎです。

スポンサーリンク

ちょっと古いネット集客のノウハウ本

本書は旅館を新規開店、ネット集客に成功した著者のサクセスストーリー&ノウハウ集です。お金が足りなくて、大工さんを仲間と一緒に手伝ってなんとか完成させた話なんかは、単純に読んでいて楽しいお話。2010年初版なのでそこまで古い本では無いのですが、そのノウハウについてはちょっと時代遅れ感が否めません。特に今ではほとんど効果がないとされているメルマガを重視していること、ホームページデザインをしていればだれでも知っている内容を改めて解説している点など、「今まさにネット集客を勉強している人」からすると、あまり役に立つ内容が書いてあるとは思えません。
どちらかといえば、今まさに事業をやっているけどネット集客など考えたことがない経営者の方、ホームページは持っているけどほとんど活用できていない企業のウェブ担当者の方が読むといいと思います。経営戦略らしきものにも少々言及されていますが、このあたりの内容は社長と社員全員が一緒に考える 経営戦略立案シナリオ新人OL、社長になって会社を立て直すを読んでみたを読んだほうが20000倍ほど役に立つのでそちらをオススメします。あくまで「ウェブ集客」に興味がある方が読んだほうがいいです。

昔はこれでよかったのか…?痛すぎるメルマガ

「親しみを持ってもらうためのメルマガ例文」が載っているのですが、こちらの内容が痛い。やたら痛い。2chに掲載したらコピペになるレベル。例えば、

———-(以下引用)———-
愛車のキッドとETCレーンに向かい、ドキドキしながら通行バーを確認。

「開くかな??」という不安を持って徐行するJUN……。

パカッ!と開いたゲートをくぐったときに、大人への階段をさらに登ったきになる幸せな(おバカな)JUNなのでした(笑)
———-(引用ここまで)———-
※注 JUNは著者名。一人称を名前にすると良いとのこと。

これ、メルマガに載っけたら確かにインパクトはありそうですよね…でも痛い、痛いよ。何か痛いよ!どうしたらいいのこの気持ち!!メルマガはもっと砕けた内容で良い、という主張には全面的に賛成しますが、こんなに痛くてよかったのでしょうか。2010年まではこんな感じで良かったのでしょうか。それとも何か痛いと感じるのは私だけでしょうか。と思う幸せな(おバカな)JIMAなのでした(笑)

まとめ

っというわけで、ホームページ作成の基本、メルマガの書き方などさっくりと書いてありますので、Web集客などほとんど考えたことが無い方は一読してもよいと思います。ホームページデザイン、広告出稿、メルマガ配信、それぞれは掘り下げればいくらでも掘り下げられた書籍が見つかるので、効果がありそうな手法を自分なりに判断して、もっと深く調査してから実践した方がよいと思います。Web集客の手法は日進月歩、昔は効果的だった手法も今ではサビついて使えないなんて当たり前なので…思う幸せな(おバカな)JIMAなのでした(笑)
なんか気に入ってきた。

関連リンク

【読書感想文】新人OL、社長になって会社を立て直すを読んでみた
【読書感想文】検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書を読みました。

新作アプリ

新作アプリのご紹介

TimeMachine-SF仕送りアドベンチャー
iPhone/Android対応。放置系SF仕送りアドベンチャー。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする