【読書感想文】『図解 実戦マーケティング戦略』を読みました

図解 実戦マーケティング戦略
図解 実戦マーケティング戦略

クッソ小難しくて結局何をしたらいいのかよく分からない数々のマーケティング本をまとめて古紙回収に出したくなるほどの優良かつ実践的マーケティング本。

おかしいなぁ。会社を辞めた時の予定では、そろそろ最初のランボルギーニを買う程度に店が大きくなってるはずなんだけど。高級車の鍵風ボールペンを売るので精一杯だなぁ?

というわけで、手にとったのがこちらの本。これは恐ろしい。聖書的扱いにできそうなほど美しく実践的な内容が詰まっております。

スポンサーリンク

残念ながらOLは出てこない

本書は新人OL、社長になって会社を立て直すを読んでみたなどのシリーズと同じ著者が書いており、読みやすさは圧倒的に新人OL〜の方が上です。本書ではより深い内容となっているので、興味がある方はまず新人OLという響きに隠しきれない興奮を滲ませつつ、そちらを読むとよろしいかと思います。

クソ難しいマーケティング理論を分かりやすく実践的にまとめたピラミッドツール

本書では、ピラミッドツールと称して5つのツールを紹介しています。詳しくは大変なので触れませんが、どれもバラバラなようで一貫性があり、納得できる論理的なツールだと思いました。マーケティング担当、経営者、お店のオーナーさんなど、幅広い方に適用できるツールです。当たり前といえば当たり前ですが、本書を1回読んだらマーケティング戦略はオッケー、というわけではありません。ありませんが、常に手元に置いて本書に書いてあることを実践していけば、間違いなくマーケティング脳が鍛えられ、いっぱしの経営戦略が立てられるようになりそう…と確信できるほど、よくまとまっています。まぁダイエットとか健康法と一緒で、実践するっていうのが一番むずかしいんですけどね…

スキルを磨く前に読んで欲しい

マーケティングという言葉を使うと「自分には関係ない!卓球王国の方が良い!」と思ってしまうかもしれませんし、実際に卓球王国は素晴らしい雑誌ですが、本書の理論は個人のキャリアプランにも美しく適用できるそうです。確かに、闇雲に勉強してスキルを身につけても、それを活かせる戦場(職場)はどこで、どの方向にスキルを伸ばして、誰にどうやって売り込むか…っていうのは競合相手と比較して初めての立ち位置がわかりますもんね。頑張って勉強しちゃう前に戦略を練る、ってのは大事ですね。卓球王国はその後でも大丈夫ですよね。個人でお店をやってる私がキャリアの話をしても、あんまり説得力がない気がしますが…

関連リンク

新作アプリ

新作アプリのご紹介

TimeMachine-SF仕送りアドベンチャー
iPhone/Android対応。放置系SF仕送りアドベンチャー。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする