【読書感想文】『Steve Jobs Special ジョブズと11人の証言』を読みました

Steve Jobs Special ジョブズと11人の証言
Steve Jobs Special ジョブズと11人の証言

マイクロソフトの本を読んだから、今度はジョブズの自伝でも読んでみようと思ったら間違えた。

っというわけで読んでみたのがこちらの1冊。

ジョブズさん本人が書いていないだけあって、周りの人がジョブズさんをどう思っていたのかが分かる気がしますが、どう考えても先に自伝を読むべきでした。マジ失敗した。

スポンサーリンク

本書はあくまでインタビュー集

タイトル通り、本人+11人のインタビューがぎっしりと掲載されています。11人は多様で、ジョブズの相方といわれたウォズニアックさん、ジョブズをアップルから追い出した(時の取締役の一人)ジョン・スカリーさん、果てはみなさんご存知のソフトバンク社長、孫正義さんまで。

それにしてもアレよね、「ジョブズ?ああ、昔いっしょに仕事したことがあるよ…」って言いたいよね。みんな言いたいよね。わかるわー。

自分がワクワクするものを完璧に作ろう

なにせジョブズさんのことに詳しくないので読んでいてもあまりピンと来ないのですが、その仕事のやり方はとても勉強になりそうな雰囲気でした。

大事っぽい点のひとつは、「少ない種類の製品を完璧につくり上げること」。

モノを売るためには、それぞれ地域や売りたいターゲットに合わせた商品を作っていく、つまり「お客さんに合わせて色々つくる」のが当たり前と言われています。しかしアップルはご存知の通り、製品は世界で共通、種類も多くありません。それでも世界中で受け入れられています。

物事をどんどんシンプルに、作る製品もシンプルに。やっぱり天才はやることが違うなぁーと思いました。私のような凡人はなんでも複雑に考えすぎるので、常にシンプルに仕上げることを忘れないようにしたいものです。

変人でもいいし、嫌われてもいい

ジョブズさんは天才なので、ご多分に漏れず変人だったようです。変人だし、他人に厳しく、公然と傷つけるような発言もしています。
それでもジョブズさんのやることはいちいちワクワクするし、周りの人を付いてこさせる情熱も持っていました。だからどんなに変人でも、世界中で愛されている人物の一人です。

日本人的な仕事のやり方(というか生き方)だと、和を大切にするあまり、他人を気にして自分の本当にやりたいことを我慢する場面が多いと思いますが、本当にそれでいいのか考え直したくなりました。
別に何かを成し遂げて歴史に名を残す偉人になりたいわけじゃないですが、人生を謳歌するのに、誰かから与えられた仕事をやったり、誰かのために苦労しているだけの時間が多すぎるような気がします。

ジョブズさんも有名なスタンフォード大の卒業スピーチで言っているように、「他の人の人生を生きて、時間を無駄にしてはいけない」のかもしれません。

それと同じくらい、誰かの役に立つために生きることは大事だとも思いますけどね。バランスですねバランス。
※かくいうジョブズさんは、時々部下に「俺のために働け!」と怒鳴りつけていたそうですが…偉い人だって無茶苦茶言うことあるよね!

新作アプリ

新作アプリのご紹介

TimeMachine-SF仕送りアドベンチャー
iPhone/Android対応。放置系SF仕送りアドベンチャー。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする