ネットショップと転売の違いについて【雑感】

GRU_roten500

時々ブログのコメントやメールで「ネットショップやられてるんですね!私もヤフオクの転売なんかをやってて~」と言われることがあります。

確かにインターネットを使ってモノを売る、という意味では確かに同じように見えるんだけど…

違うよ!ぜんぜん違うよ!まぁ全然っていうとアレだけど、ちょっと違うよ!

スポンサーリンク

モノを売る、店を売る

転売は「売れるモノ」を安く見つけてきて高く売る、その一点にのみ純粋にフォーカスしたビジネスといえます。売れる商品なら売れるし、そうじゃない商品は売れない。お客さんは常に特定の商品を探している人たちで、とにかく自分が欲しい商品・・・例えば育毛剤メッチャケハエールとしましょう。メッチャケハエールが安く入手できれば、売っているのがドラッグストアだろうがヤフオクに出品している個人だろうがあまり関係ありません。売る相手をほとんど見ていないからです。したがってリピーターはできにくいですし、売っている人に対する熱烈なファンももちろん生まれません。

これに対してネットショップは、(誤解を恐れずに言えば)売れるモノだけを見つけて売っていく商売ではありません。インターネット上にある、あくまでお店なのです。売るのは商品ではなく、お店そのものです。ネットショップにやってくるお客さんは、ざっくり2つのパターンに分けられます。

お店にやってきて商品を買ってくれる、というところまでは転売と大きな違いはありませんが、ネットショップはそこで終わりではなく、「あのお店のページに行けば、知らない育毛グッズとか育毛情報が手に入る」とか、「あそこは品揃えもいいし店員さんの対応も良い」と認知してくれて、リピーターになってくれる可能性があります。品揃えや安さ、店員の対応、それ以外の何らかの付加価値に魅力を感じて、熱烈なお店のファンになってくれればお店としては大成功。これが商品ではなくお店を売ることができた、ということになります。 ここまでできるネットショップに育て上げるのは並大抵のことではありませんので、ほとんどのお店はここまで到達する前に閉店してしまいます。

どちらのビジネスモデルも間違いじゃない

転売やせどりといった商売はとてもインターネット的というか、ある意味で「あるべくしてあるビジネス」だと思います。割とネガティブなイメージ、せせこましく小銭を稼いでやがるぜ!というようなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、商売としては特に間違っているとは思えません。

ネットショップはしっかりと成長させ、いっぱしのお店にするまでに大変な労力と努力と時間がかかるため、転売ほどにすぐに利益が出る商売ではありません。軌道に乗るまではそもそも利益が出ない、またはマイナスの期間が存在することもザラです。しかし転売等に比べると、完成したお店の力は途方もなく大きなものになります(大きくなる前に消滅するお店の方が多いですが)。

どちらのやり方が正しい、ということはありません。しかしそれぞれ似たようなことをやっているにもかかわらず、その性質は随分違っていることを覚えておくと良いでしょう。

まぁ別に覚えていなくてもいいのですが、私は心の中で「違うよ!ぜんぜん違うよ!」と呟いています。マーク・パンサーばりに。

新作アプリ

新作アプリのご紹介

TimeMachine-SF仕送りアドベンチャー
iPhone/Android対応。放置系SF仕送りアドベンチャー。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ケハエール より:

    今は駆け出し中のため、生活のために転売もしようとしている者です。たぶん書かれている通り、ネットショップは時間をかけて進める必要のあるものなのかと思っています。
    現在は興味のある分野でAmazon.comとAmazon.co.jpの価格差がある商品をひたすら調べています。送料や手数料を含めるとちょっと調べた商品ではあんまり儲けは出にくいのかなと思いました。ですが、人気のある商品は納得できる商品であることが多くて、自分の視野を変えてくれる効果はあるのかなとも思いました。
    ちょっと孤独だったので投稿してしまいました(^^)

    • 飯島勇介 より:

      コメントありがとうございます!
      ネットショップは本当に時間がかかりますね。しかも時間をかけたからといって必ずしも成功しないという。まぁ普通にテナントを借りて実店舗を出すのと一緒ですね。

      転売は並み居る中国人転売ヤーなどの存在で非常にイメージが悪いですが、商品をより円滑に流して経済貢献する立派なビジネスだと思います。仰る通り、勉強にもなりますし!

      孤独になったらいつでもコメントください(笑)。

  2. ちゃちゃ より:

    こんにちは。現在ネットショップを開きたいと思っています。私の疑問に答えてくれるサイトやブログがなかなかなかったのでもしよろしければと思い質問させていただきたいと思っています。
    海外向けのネットショップを作りたいのですがそこで日本の商品を売るとなると違法になるのでしょうか。何か事前に企業などと連絡や契約を結ばないといけないのでしょうか。アマゾン転売を海外のアマゾンで売るのではなく自分のショップで売るというようなことです。あともしよろしければそれが違法でなければ税金などはどうなるのでしょうか。無知ですみません。よろしくお願いします。

    • 飯島勇介 より:

      コメントありがとうございます。
      私は残念ながら輸出の経験はありませんので、あくまで素人の知識ですが・・・

      海外への輸出が法律で禁止されているもの(薬、動物、その他)でなければ、違法にはならないはずです。メーカーと契約する必要があるかどうかは商品によります。メーカーと契約しないと輸出できないという法律はありませんが、メーカーが輸出を禁止していればあとから訴訟されるリスクはあるでしょう(普通はないと思いますが・・・たまにありますよね、「日本国外への販売を禁止します」っていう商品。特にパソコンソフトなど)。

      基本的にアマゾン転売も自分のショップで転売も、個人輸出という点に違いはないと思います。日本に輸出関税はないはず・・・なので、税金は普通に確定申告すればいいはずです。心配なら税務署や国税庁に問い合わせてみてもいいのではないでしょうか。

      こういう質問は、書籍を探すとまとまった情報が手に入るので、書店や図書館に行かれることをおすすめします。