仕事と家の間に10分

仕事から帰る前に、10分おきます。

うさぎが亀にローキックを食らわせる話を書いているだけでの簡単なお仕事をしていると思われがちな私ですが、これでも結構毎日忙しく働いております。

最近では雑貨屋以外にも細々と手を出している(そして成果は出ていない)せいで余計に忙しく、毎日バタバタしながら生活しています。まぁ要するに普通の30才のお父さんですね。

いつも適当に鼻くそほじりながら仕事していると思われがちな私ですがそれなりにストレスも多く、仕事中はイライラしたり殺気だったりあんまりうまくいかないから隕石が落ちて地球終わらないかなと思ったり、いやいや今隕石が落ちたら娘がかわいそうだろと思い直すなど若干精神が不安定な様子を見せながら毎日過ごしています。

世間一般のお父さんがそうであるように私も、いつもギリギリまで仕事をしてから娘を保育園まで迎えに行きます。所定の時間を1秒でも過ぎると延滞料?が余計に発生するので必死です。そんな小銭気にしないぐらい仕事がうまくいけばいいのに。隕石衝突しないかな。フヘヘ。

でもアレなんですよね、仕事のテンションを引きずって娘を迎えに行くと、どうしても育児のテンションに戻ってこれないんですよ。なんか妙に殺気立ってるというか、心から娘に集中できない感じ。

これは私が切り替え下手なだけなのかなと思っていましたがそうでもないようで、娘のお迎えを奥さんに任せてのんびり帰宅したら、奥さんと娘がガチで喧嘩していました。娘って1才ですからね。1才と30才がガチで自分たちの主張をぶつけ合って喧嘩してるんですよ。ちょっと笑いました。もちろん手が出てるとかそういうのじゃないです。純粋な口げんか(娘は何言ってるかわかんないけど)です。奥さんの名誉のために言っておくと、普段の彼女はいつだって育児に熱心で、少なくとも私から見ればとても良いお母さんだと思います。娘と喧嘩しているところなんて初めてみました。ちょっと笑いました(2回目)。落ち着いた頃に奥さんはポロッと、「前にじぃーまが言ってた、全力で仕事した後に、育児モードに切り替えられないの意味が分かった」と言って猛省していました。

そんなことから、最近ではどんなに忙しくても、仕事の後、保育園に行く前に10分だけ何もしない時間を作るようにしています。

10分の間は仕事のことを忘れて、何か大宇宙のビッグバン的なこととか、「今からふなっしーみたいな非公式ゆるキャラ…そう、文京区だからぶんきょう君、とか…そういうの作ったら7億円ぐらい稼げるかな…でもふなっしーみたいな激しい動きをしたら腰を痛めそうだな…」といった妄想に浸ります。さらに余裕があればお茶を1杯飲んだりします。逆にスマホをいじったり本を読んだりすると、あっと言う間に時間が過ぎて切り替えきれないのでやりません。新しい情報を入れないのがポイントです。

この習慣を導入してから、娘と過ごす時間が若干穏やかになりました。まぁ大抵のパパママはクッソ忙しいのでその10分すら惜しいとは思いますが、同じようなことでお悩みの方がいたらちょっと試していただければいいかもしれません。

どうも、じぃーまでした。

新作アプリ

新作アプリのご紹介

TimeMachine-SF仕送りアドベンチャー
iPhone/Android対応。放置系SF仕送りアドベンチャー。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする