風邪をひいたら休むっていうのができない日本の闇【雑感】

お休み処

まだサラリーマンだった頃に「風邪を社内で流行らせないためのマナー講座」みたいなビデオを見せられたことがありました。

咳エチケットとか、手洗いうがいとか、マスクの正しい着用方法とか…

当時はふんふんと思って聞いていたんですけど、ビデオの中で「風邪を引いたら症状が収まるまで自宅でゆっくり休みましょう」っていう選択肢が一切出てこないし、見てる側も(自分も含めて)全く疑問に思わないあたりが恐ろしくてとっても日本の闇ですよね。

こないだ医者に行ったら「風邪をひいたぐらいですぐに薬を飲みたがるのは日本人だけ」って力説されたし。そりゃ風邪をひいて休むのが普通だったら薬なんて飲まないよね。そのお医者さんは普通に風邪薬くれましたけどね。

とはいえサラリーマンも大概休めないけど、独立すると実はもっと休めないという恐ろしい真実に気づくことになるので、免疫力に自信のない皆様におかれましてはお忘れなきよう。

じぃーまでした。

新作アプリ

新作アプリのご紹介

TimeMachine-SF仕送りアドベンチャー
iPhone/Android対応。放置系SF仕送りアドベンチャー。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 佐々木浩二 より:

    自営業になると、勝手に休むことはいくらでもできるけど、
    その代わり、その間の売上を誰も保証してくれないんですよね。
    だから学校の役員さんとか結構押し付けられる羽目にも(笑)
    だから、健康管理はとても大事です。
    実は一番お金をかけなければいけないところかもしれません。
    ウェブサイトのメンテも大事ですが、身体のメンテも大事ですね。

    • 飯島勇介 より:

      > 佐々木さん

      自分も、もしずっとサラリーマンだったら「自営業?じゃあ時間は自由に使えるんだね!」とか思ってたでしょう(笑)。
      実際、学校の役員とかやった分の売上を補填してもらわないとやってられないですよね。

      昨日も歯茎からやたら血が出てきたので、本当に健康管理には気をつけたいです。