XBORDERで現代の錬金術する方法

xborderロゴ

輸入するとむっちゃ売れる。
XBORDERはアメリカアマゾンからの購入を代行してくれるサービスです。

海外でしか手に入らないような商品を輸入すると、特にネットショップではかなり売りやすいです。珍しい商品はすぐ話題になるし、とにかくネットで買い物する人は「今すぐ欲しい」ので、他の日本語サイトで手に入らない商品ならサクサク買ってもらえます。

かくいう私も独立したばかりの頃は海外のサイトを巡り、アレコレと商品を日本に持ってきたものです。が、今はやっていません。というのも、

  • 海外の人は梱包が雑
    商品が傷つく、壊れているなど当たり前。
  • 探すのが面倒
    なんだかんだ言って、英語のサイトは苦手です。日本語大好き!
  • 手続きが面倒
    関税とか検査とかどうのこうのとか、非常に面倒です。費用もかかるし。

ところが先日、ダンボールとパソコンしかない愛すべき我が事務所に遊びに来てくれた方が教えてくれたサービスが、これらの問題を一撃で解決しそうな雰囲気でした。

スポンサーリンク

アメリカアマゾンからの輸入代行サービス【XBORDER】

アメリカアマゾンから簡単個人輸入/海外通販サイト【Xボーダー】

xborderサンプル
要するにアメリカのamazonの商品を、日本語のサイトから簡単に注文&輸入代行してくれるサービスです。こういう日本語のインターフェイスで普通に買い物するだけで、日本では買えないアメリカアマゾンの商品が自宅に届いちゃう。便利。

以前からスピアネットという輸入代行サービスはあったのですが、こちらは実際にアメリカのアマゾン(もちろん英語)で買い物して、買い物する時にスピアネットの指定する住所を入力してうんぬん…っていうのが面倒でした。

が、それだけじゃないのです。

私がビビったのは、XBORDERで買い物すると、「商品保証制度」が付いてくること。

【海外通販生活海外通販のXボーダー】キャンペーンページ

先にも申し上げたように、海外のお店って梱包が雑なんですよね。そうでなくてもはるばる海を渡ってくるので、商品にトラブルが起きる可能性が高い。そして壊れていた時、海を挟んだ外国との間でトラブル対応するのは死ぬほど大変です。っていうか死にます。そこをXBORDERが保証してくれるとのこと。正気か。正気なのか。それとももうすぐ潰れるのか(失礼)。

個人で小さいビジネスを始めるのにうってつけか?

商品保証制度は、個人で利用する商品を買うときに非常に有効です。個人的には

gamingkepad
こういうのとか

newron
こういうのとかすごく欲しい(笑)。

私が欲しいものはさておき、「海外の商品が確実に手に入る(損をしない)」という保証は、小さいビジネスを展開するのにうってつけのように思えます。

つまりこうです。

  1. 日本のアマゾンと、海外のアマゾンで同じ商品を比較し、販売価格に差があるものを探す。
    同じ商品でも、日本と海外で値段が違うものがけっこうあります。海外で安く、日本で高いものを探します。ツールや検索機能をうまいことゴニョゴニョすると簡単に見つかりそう。もちろん、送料や関税、Xボーダーの手数料をちゃんと計算して利益が出るものじゃないとダメです。
  2. XBORDERで購入する。
    手続き簡単、「商品が壊れていて丸損」のリスクがないため、安心して利用できます。
  3. 日本のアマゾンに出品
    簡単に出品できます。発送が面倒くさい人は、アマゾンのFBAを利用すると勝手に発送してもらえますので、大好きなパソコンの前から離れずに完結しちゃう。便利。

あら簡単。これはひょっとして現代の錬金術ではないかしら。ダメかしら。手順1で商品が見つかるかどうかがキモですかね。ちなみにアメリカアマゾンに限らずとも、他のアメリカ国内ECサイトで販売されている商品も相談すれば輸入代行してもらえるようです(ソース。相談はチャットサポートで簡単に。至れり尽くせり。

あくまでさっき思い付いたアイディアベースで実際にやってみたわけではないので、もし実際にやる場合は自己責任でお願いします。ミプロさんのページに輸入に関する無料の資料がたっぷりあるので、一読しておくとさらに良いと思います(輸入するときに検査が必要なものとか、輸入しちゃダメなものもありますので…)。

一般財団法人 対日貿易投資交流促進協会(旧:製品輸入促進協会)(ミプロ、MIPRO)

soylent
かの有名なSoylentも買えちゃうらしい…しかしちょっと高いな。

じぃーまでした。

新作アプリ

新作アプリのご紹介

TimeMachine-SF仕送りアドベンチャー
iPhone/Android対応。放置系SF仕送りアドベンチャー。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする