実録!iPhoneゲームアプリ開発日記 -「うさぎ牧場」の作り方7 ~課金アイテムの追加~

うさぎ牧場 開発風景

うさぎが触れまくる愉快なゲームアプリを作ろうと志した私。プロトタイプの開発、振り返り、そして初期バージョンの作成からゲームらしい要素の追加を行い、いよいよアプリは完成に近づく…!!だが油断してはいけない。アプリが実際にリリースされるまで、途中で飽きてどうでもよくなる可能性は捨てきれないのだ!

【前回まで】

期間:2015年6月2日 – 2015年6月5日

うさぎ牧場 App内課金

せっかくだから、もうひとつぐらい新しいことに挑戦してみようかな。

っということで、私にとって初となる「App内課金」を導入することにしました。

導入するのは、実際にプレイしてみて自分がクソ不便だなぁと思った部分を解消するアイテム。

例えば、こんな状況。

うさぎ牧場 スクリーンショット
ある程度慣れてくると、あっという間に画面が「うんうん」で埋め尽くされるんですよね。うんうんを回収するには、1つひとつ指でタップしてやらないといけません。これを解消するために、

うさぎ牧場 ちりとり
ちりとりと

うさぎ牧場 掃除機
掃除機というアイテムを導入しました。

ちりとりはうんうんと接触するだけで回収できるアイテム。溜まりに溜まったうんうんを一気に回収するのはなかなかの快感です。たまに、部屋を極限まで汚くしてからやっと掃除する人いますよね。あんな感じ。

掃除機はちりとりの上位互換で、タップするだけで画面上の全うんうんを一度に回収してくれます。もうここまでくるとほとんどチート。

うさぎ牧場 広告OFF
他にも広告を非表示にするやつとか、

うさぎ牧場 うんうんマシン
遊ばずにうんうんを出させるアイテムとかを導入。軽くゲームバランスを崩壊させますが、まぁいいかなって(適当)。

アプリ内課金を初めて実装した感想としては、

「むちゃくちゃ簡単」

でした。もっと早くやればよかった。これができるとアプリのマネタイズの幅がグッと広がるので、もっと面白いアイディアを考えていろいろ小細工していきたいと思います。

つづく
じぃーまでした。

【つづく】
実録!iPhoneゲームアプリ開発日記 -「うさぎ牧場」の作り方8 ~デバッグ、そして申請~

新作アプリ

新作アプリのご紹介

TimeMachine-SF仕送りアドベンチャー
iPhone/Android対応。放置系SF仕送りアドベンチャー。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする