初めてのCococs2d-x:リリース用apkファイルを作る

前回、cocos runコマンドを使うとアプリがクラッシュするので、cocos compileコマンドでビルドしてエラーを回避する方法について書きました。

Cocos2d-xの罠:java.lang.UnsatisfiedLinkError: No implementation found for java.lang.String

こうなるとイマイチAndroid Studioでリリース版をビルドするのも不安になるので、コマンドでリリース版を作成する事にしました。

環境

  • Cocos2d-x 3.7.1
  • Cocos Studio 2.3.2 Beta(Mac版)
  • Android studio 1.3.2(Mac版)
  • Xcode 6.4

キーストアを作成する

GooglePlayで公開するには署名つきapkファイルが必要です。

まずはkeystoreファイルを生成します。

keytool -genkey -v -keystore [生成するファイルのパス] -alias [エイリアス名] -validity 10000

以下のリンクが大変わかりやすいです。

キーストア(keystore)の作り方について | パンダコメモ

あとはビルドするだけ。

cocos compile -s [プロジェクトフォルダ] -p android –android-studio -m release

対話形式でkeystoreの場所を聞かれますので、さっき生成したファイルを指定してやるだけです。簡単!

バージョン管理

Google Developer Consoleにapkファイルをアップロードする場合、同じVersitonCodeのファイルは1つしかアップロードできません。

更新した場合は

build.gradleのdefaultConfigをインクリメントしていきましょう。

defaultConfig {
versionCode 2
versionName “1.1”
}

細かいミスのせいでversionCodeがやたら増えていくぜ!

参考