近況など

RealForce

白血病の治療の際には、繰り返し行われる投薬や採血の度に針を刺さなくて済むよう、身体にチューブ(CVとか呼ばれてる)が埋め込まれます。私の娘も鎖骨の下あたりからチューブが生えていたのですが、先日このチューブが破損して血が吹き出しました。

自分の子どもから血が吹き出すのを見たことがある人は現代日本ではそう多くないと思いますが、なかなか衝撃的な体験です。なにせ心臓近くの血管に直つなぎされてるチューブなわけですから、そりゃもう大慌てです。

その日は貴重な外出中でしたが、大慌てで病院に帰るハメになりました。洗濯バサミみたいなやつでチューブを挟んで寝るという。かわいそうに。

スポンサーリンク

30時間でアプリ1本

というような状況なのでなかなかパソコンを開いて作業する時間が取れないのですが、先日はなんとかチマチマと作業してアプリを1本リリースできました。だいたい30人時間で1本リリースできたので、この計算でいくと真面目に週5で1日8時間働いた場合、週に1本、または月に4本のアプリをリリースできることになります。なかなかのアプリ生成マシーンです。私の開発能力もなかなか向上してきたのではないでしょうか。まぁ画像などは一部使いまわしているので、かなり楽してる部分があるのですが。

外出中の作業を効率化したい

ところで環境の整った事務所ではなく、病院や自宅でチマチマと作業する時間が増えたのですが、まるで作業効率が上がりません。というか正直イライラします。モバイルルーターとMacが1台あればとりあえず最低限度の環境は整うわけですが、とにかくやりづらい。

画面は小さくていっこしかないし、
キーボードも(打ちやすいけど)いっこしかないし、
椅子はだいたい座りづらいか立ってないといけないし、
そもそも寝ている息子を抱っこしてるとキーボード打てないし、

まぁフラストレーションが溜まる上に肩が凝って疲れます。

世の中のノマドの人たちは、あのスタバの小さいテーブルでパソコン広げて何をしてらっしゃるのでしょうか。疲れない?超疲れない?

でっかいディスプレイと打ちやすいキーボードがある環境なら5分で済む作業を、10分も15分もかけてやるのはけっこう苦痛です。人間が1日に発揮できる力は限られていると思うのですが、作業環境のせいで消耗して、こなせる仕事量が減る気がします。それならむしろ仕事しないで、良い環境でまとめて片付けるほうがよくない?それとも働いてるフリしないと死ぬ?日本人だから?

まぁ愚痴っても仕方がないのでやるしかないのですが、病院はともかく自宅で作業するときはもう少し快適にできるように環境を整えたいものです。

自宅で面倒くさくなると、思わずテレビとか見始めちゃうしね!ディスカバリーチャンネルたのしい!

じぃーまでした。

新作アプリ

新作アプリのご紹介

TimeMachine-SF仕送りアドベンチャー
iPhone/Android対応。放置系SF仕送りアドベンチャー。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする