【読書感想文】目立つ力 著:勝間和代 を読みました

目立つ力 (小学館101新書 49)
目立つ力 (小学館101新書 49)

目立ちたい。超目立ちたい。

それも、Web上で、お金をかけずに、ひっそりと目立ちたい。

というわけで、いかにも目立つのに役立ちそうな本書を読んで、簡単かつ壮大に目立つテクニックを学んでみることにしました。しかし、これは…

はじめに

私は勝間和代という大変有名な方を、有名だとは知っているものの何をしている人でどういう方なのか全く存じ上げません。
超不勉強です。そんな私の感想ですので、日本でも有数の大人な当ブログの読者の皆様は色々加味してご了承ください。
よろしくね(はぁと☆

感想 これはアレですね、ブログのススメですね。

本書を読んだ感想は、要するに

「ブログを始めてみよう」

この一言に尽きます。
インターネットがどういう力を持って、どう役に立てることができるのか。
特にブログ、このメディアをどのように始めて、運営して、どんな結果を出すことが出来るのか。
そういう概念的なお話だと思いました。

実際のブログ運営テクニックについては、
必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意
必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意


このあたりの書籍の方が死ぬほど役に立つと思います。
※ 別にこの本を読んだからといって、このブログは大人気になったりしてませんけどね☆てへぺろ(吐血)★

というわけで実際に今バリバリブログを書いて、ツイッターやFacebookを利用している方からすれば目新しい内容はあまりないと思うのですが、
※私程度でもそんなになかったのだから間違いない。
※著者もあとがきでこう書いてますし。
以下引用

ある意味、とてもマニアックな本ですし、どこまでこのような本をほしがっているユーザーがいるのか、必要としているユーザーがいるのか、実は、確固たる自信もなく、史上に打ち出した本です。

引用ここまで
それでもなんというか、グッと勇気づけられたり、ふむふむと納得する内容もたくさんありました。
あまりブログやツイッター、FacebookなどのSNSでの情報発信について考えたことの無い方に、ぜひ読んでいただきたい内容です。
とか言ってる私も、そんなに考えたことないですけどね。楽しいからやってるだけだし。

特にグッときた内容を抜粋するとこんな感じ。

※私の言葉で書き直しています。原文はちゃんと書いてありますのでそこんところよろしくお願いいたします。

  1. ブログとかインターネット上での自己表現は、あなたの人となりを表す名刺代わりになるんだよ。
  2. ちゃんと戦略を考えてブログを運営しようね。
  3. ブログは出来れば毎日、週1ぐらいは更新しようね。
  4. ブログは儲からないっていうけど、ブログを運営した結果、何を報酬として得られるかは自分で設計しないとだめだよ。
    ※ただ漫然と運営しているだけでは、望む結果は得られないぞ!
  5. 記事は1件30分ぐらいで書こう。
  6. 色々書いてるうちに、何を書けばいいのか分かってくるよ。
  7. 記事は完璧に仕上げる必要はないよ。はなしことばでざっと書くほうが人気が出たりしますよ。

素晴らしいですね。10ヶ月ぐらい「ブログ更新しろ」と説教し続けているのにブログをなかなか更新しないどこかの一般社団法人の代表の人に読んで欲しいです。

私的本書の要約的ダイジェスト

必ずしも本書の内容と正確に一致しませんのでご参考まで。

  1. インターネット上のメディアを活用するとこんなにスゲーんだぜ、という話
    著者:勝間和代さんの成功体験が随所に散りばめられ、なんだかいい気分に。
  2. ブログを始めるにあたって、しっかり戦略を立てようぜ、という話
    マジ戦略大事。何を目的とするのかを決めてそれに向けて運営しないと、結果はついてこないんだぜ!
  3. ブログで表現する方法の話。
    ブログのカスタマイズとかもろもろ。「こうすれば成功する」というのがあるわけではないから、いかに個性を出すのかが大事。
  4. どうやってブログを運営し続けるか、改善していくかという話
    ネタ選びから読者さんからのリアクションまで。
  5. アルファブロガーの人たちの座談会。
    すごいブロガーさんの座談会がそのまま載ってます。こればっかりは正直に言わせていただきますが、座談会という名のお互いの褒め合いが続くのでちょっとげんなりしました。
    今度、代表あたりとお互いを褒めちぎりあう座談会を企画して、みんなに反面教師にしてもらうというアイディアが生まれました。

総評

というわけで最初の方にも書いちゃいましたが、インターネット上での情報発信、メディア活用についてあまり考えたことの無い方、改めて考えなおしてみようという方に読んでいただくといいと思います。
私も、誰もがみんなこの本にあるような前提でブログ、ツイッターあたりを活用してくれたら、世の中もっと面白くなると思います。ぜひぜひ。
とりあえずブログは頻繁に更新しよう!

関連リンク

【読書感想文】新人OL、社長になって会社を立て直すを読んでみた
【読書感想文】幽霊人命救助隊 著:高野和明を読みました。