格安でホワイトボードを使いたかったネットショップ店長はセーラー万年筆どこでもシートで満足しました

IMG_1216事務所といったらホワイトボード、ホワイトボードといてば事務所ですよね(断言)。

スポンサーリンク

事務所といえばホワイトボード

自分の事務所を持つのであれば、まず最初に揃えたいと思ったのがホワイトボードでした。ついこのあいだ映画「ソーシャルネットワーク」を観たんですけど、学生時代のザッカーバーグも学生寮の部屋でホワイトボードにアルゴリズムを書いたり数式を書いたり、アイディアを書いたふせんを貼ったり貼らなかったりしてるんですよ。アレ。アレやりたい。だってなんか起業したみたいじゃん。

ホワイトボードはクソ高い、でかい

さっそくホワイトボードを買おうと思って調べてみたんですけど、ホワイトボードって案外高いんですよね。ヤフオクで中古のホワイトボードを探してきても、綺麗なものは○万円、傷があって程度がわからないものが1000円(要引き取り)とか。ホワイトボードを引き取れるような車を用意するのが大変だよ。
そしてでかい。私が満足するようなサイズのホワイトボードとなると、脚まで入れるとかなりでかい。いくら事務所といってもあくまで東京都内の物件、猫の額程度の広さしかありません。下手にでかいホワイトボードを入れてしまうと、事務所なのかホワイトボード部屋なのかわからなくなってしまいます。いくら私でも、ザッカーバーグぶりたいがために事務所をホワイトボードに明け渡すほどチャレンジャーではありません。
さらに、でかいホワイトボードはいつか処分しなければいけません。デスクやイスなら再利用することもできますが、ホワイトボードはザッカーバーグごっこ以外には使わないですよね。打ち合わせ?なにそれ?

ホワイトボードの代わりっていうか、そもそもどこでもシートってなんなの?

さて、じゃあどこでもシートってなんなの?という話ですが、要するにどこにでも貼り付けられる薄いシートです。ポイントはこんな感じ。

  • 静電気で貼れるので、跡がつかない
  • 木の壁、金属の壁、どこでも貼れる
  • ホワイトボード用のペンで書ける/消せる

このへんの動画がとても詳しいです。

格安なホワイトボードになるポイント1:激安

とにかく格安。私はAmazonで購入しましたが、2,580円でした。2,580円といっても、1枚ではありません。25枚入り。1枚当たり100円ちょっと。やばい。25枚とか使いきれない。

格安なホワイトボードになるポイント2:どこにでも貼れる

糊とか粘着力でなく、静電気でくっつきます。というわけでどんな壁でも(たぶん)大丈夫。私は普通の(ワンルームのアパートにありがちな感じの)壁紙に貼ってますが、ぜんぜん問題なくくっついてます。

格安なホワイトボードになるポイント3:割とでかい、そして無限に大きくできる

どこでもシートの幅は600ミリ。800ミリごとにミシン目が入っており、好きなところで切り離すことができます。っていうかハサミかカッターを使えば、どんなサイズに切り取っても自由です。超フリーダム。
で、縦横に並べて貼れば、それはもう壁の大きさが許す限り巨大なホワイトボードに。やばい。超フリーダム。

格安なホワイトボードになるポイント4:2倍使える

なんとこのホワイトボード、リバーシブルで使えます。片面が汚れて使えなくなったら、なんとひっくり返してやれば、また綺麗な面が復活。汚れて使えなくなりがちなホワイトボードの寿命を2倍で使うことができます。

IMG_1228
Amazonのレビューでは「汚れが落ちにくい」という評価がついていましたが、100円ショップで買ってきたホワイトボードクリーナーを使ったらめちゃくちゃ綺麗になりました。この調子だと、静電気の許す限りべつにひっくり返さずに使い続けられそうです。

注意したいポイント:はみ出さない

超絶イカしたどこでもシートですが、ひとつ注意しなければいけないポイントがあります。まぁなんとなく想像できるかと思いますが、はみ出して書いてしまう危険性があるのです。特に私のように白い壁に白いシートを貼っている場合は要注意です。どこがホワイトボードと壁の境界なのか分からなくなりがちなので、うっかり壁にホワイトボード用マーカーで書いてしまうかもしれません。これはやばい。賃貸なのに。
というわけで私は写真のように自前で赤い枠線書きました。絶対100%防げるわけではないですが、まぁよっぽどボケッとしてなければ壁に書いちゃうことはないでしょう。たぶん。まぁもし書いちゃったとしても、大家さんは優しそうなおじいちゃんだったので許してくれるかもしれません。ごめんね大家さん。

個人事業主やSOHOでホワイトボードが欲しい人へ

ホワイトボードはひとりで考えをまとめたり打ち合わせをするのに万能なツールです。ホワイトボードを使いたいけど場所がない!ガッデム!という方も多いのではないでしょうか。特に個人事業主やSOHOで場所に困っている方は、ぜひ一度お試しいただきたいです。
ほかにもテーブルに貼ってみたり、小さく切ってみたりと使い方は無限大なので、ちょっと興味を持った方はぜひお試しください。安いしね。

新作アプリ

新作アプリのご紹介

TimeMachine-SF仕送りアドベンチャー
iPhone/Android対応。放置系SF仕送りアドベンチャー。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 格安でホワイトボードを使いたかったネットショップ店長はセーラー万年筆どこでもシートで満足しました | はみ出るじぃーま […]