普通の心霊番組と一線を画しすぎてズレまくっている「心霊スポット調査隊」がおもしろい

相変わらずディスカバリーチャンネルをよく見てるのですが、

%%title

世界に名だたるディスカバリーチャンネルともなると心霊系の番組でさえ、日本のクソみたいな心霊番組とは一線を画しています。

なかでも最近ちょっとだけ見て感心したのが「心霊スポット調査隊」という番組。

邦題は分かりやすくもダサいのですが、原題は「GHOST LAB」というストレートな番組名でクールです。

スポンサーリンク

幽霊の存在を科学的に証明する

この番組のテーマは「幽霊を科学的に証明する」ことです。調査隊のメンバーは心霊スポットに乗り込む際、山ほどの電子機器を装備していきます。ありとあらゆる場所にセンサーを仕掛け、温度や電磁波、映像や音声などのデータを山ほど取っていき、幽霊の存在を明らかにしようと取り組みます。

番組中には何度となく怪奇現象に遭遇します。

わかりやすいのは彼らが「コールドスポット現象」と呼んでいる現象で、狭い範囲の温度が急激に下がるものです。番組中にもしょっちゅうこれが起こり、メンバーが体感するとすぐに温度計やサーモグラフィーを持ち込んでデータを取ります。

笑えるのは、メンバーが誰もビビらないこと(笑)。

おい、あり得ないほど寒気がするぞ!冷蔵庫みたいだ!
早く温度計を持ってきてくれ!すごい!

盛り上がってる場合じゃない(笑)。怖がれよ(笑笑笑)。

うわっ後頭部を触られたぞ!

喜ぶなって(笑) 。

例え心霊写真が取れてもすぐには喜びません。

よし、心霊写真っぽいな。すぐに同じ場所、同じアングルでもう一度撮影だ!
うん、今度はなにも映らないし、怪しいものもないな・・・これは本物の心霊写真の可能性が高い(喜)!

なんなのこの人達!幽霊的にはすごく迷惑そう!

他にも毎回録音した音声データに謎の声が入ってたり、録音した声の主が狙ってた幽霊と別人っぽいのでガッカリしたりと、とにかく他の心霊番組とはズレてズレてズレまくっているのがこの番組です。

日本の心霊番組のレベルの低さよ

近年は昔ほど心霊番組を放送しなくなったような気がしますね。

それでも夏が来ると、時々いつものクソみたいな心霊番組が始まってガッカリします。

お笑い芸人やアイドルが心霊スポットに出向いて写真を撮りまくり、

なにかいた~!こわ~い!

とか、

カメラはとんでもないものを映してしまった・・・!

とかいって大騒ぎし、挙句の果てに

急に具合が悪くなり、座り込んでしまった◯◯(だいたいアイドル)…!霊媒師のA氏が除霊を試み、なんとか事なきを得た・・・!

っていう寸劇が始まるアレです。あんなのやるぐらいなら、藤岡探検隊やってよ。あの色々アレな感じのほうが見たいよ・・・。

ああいう番組が、心霊スポットに勝手に入り込んで大騒ぎするチンピラに見えてきますし、実際のところチンピラとやってることは変わりません。程度が低すぎて頭が痛くなりそうです(メガネクイッ)。

ありきたりな心霊番組に飽き飽きした方にぜひオススメしたいです。

9月にはエド・スタフォードというおじさんが秘境に素っ裸で乗り込んでひとりで生活する様子を延々と自撮りする最高の番組「ザ・秘境生活」の第2シーズンが始まりますし、ますますディスカバリーチャンネルから目が離せません。

っていうか日本の民放見ない・・・。

じぃーまでした。

新作アプリ

新作アプリのご紹介

TimeMachine-SF仕送りアドベンチャー
iPhone/Android対応。放置系SF仕送りアドベンチャー。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする