日記, 白血病の看病日誌

白血病を治療する過程では、結構な量の輸血が必要になります。

特にうちの子は最初に病気が発見された時(この時は血球貪食症候群と言われた)、赤血球の値が低すぎて死ぬとか言われるレベルだったので、輸血にはたいそうお世話になりまし ...

白血病の看病日誌

娘は無事に1年間の入院を終えましたが、白血病の治療は終わったわけではありません。まだ折り返し地点です。

これから約1年はほとんど毎週病院に通い、月に1度は入院して強烈な薬をブチ込まないといけません。言うまでもなく最悪に面倒 ...

日記, 白血病の看病日誌

さて、そろそろ白血病の娘が退院する日が近づいてきました。

急性リンパ性白血病の治療は基本的に1年の入院と、その後1年の通院(短い入院含む)の合わせて2年が必要になります。

長ぇ。

もっと言うならその ...

白血病の看病日誌

美味しいご飯

子どもが白血病と診断されて早8ヶ月、入院生活もいよいよ終盤戦になりました。

入院が日常に

隣の病室がブラジルだったり、一晩じゅう子守歌のデュエットを聞かされて寝不足になったり治療がぐんぐん延期になったり2回も手術をしたりとい ...

日記, 白血病の看病日誌

ウチの子は長期入院なのでずっと同じ病室にいるわけですが、隣の病室に入院している子は次々と入れ替わっていきます。

壁薄

病室の壁はレオパレスなんて目じゃないくらいに薄いので、隣の患者さんの生活音は基本的に丸聞こえです。 ...