キングジムのポメラを購入しましたのでその感想とか【日記】

キングジムのポメラ

今さらながらキングジムのポメラを購入しました。

ポメラとは何ぞや?という方は適当にググッていただけると幸いです。要するにどこでもキーボードで文章が打てるマシンです。

デジタルメモ「ポメラ」 | KING JIM(公式)

前々からいいなぁ、いつかビッグになったら買おうと思っていたのですが、ひと世代前の機種「DM20」がついに1万円を切ったので、ビッグになってないけど買っちゃいいました。

結論からいうとこれは非常にアリ。オオアリクイです。

スポンサーリンク

ポメラのいいところ1:考えごとがはかどる

キングジムのポメラ
↑折りたたむとこんな感じ

何かを考える時、今までは紙につらつらとキーワードを書きながらまとめていったのですが、ポメラだとサッと文章で打てるので紙より(考えるものによりますが)考えごとがはかどるようになりました。

ちなみに一人で考えごとをする時のコツは、このあたりの本が分かりやすくて参考になりました。
1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書 (Sanctuary books)
1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書 (Sanctuary books)

ポメラのいいところ2:ブログとかいつでも書ける

MacbookAirも持っているのでそれだって十分にいつでも書けるはずなのですが、どういうわけかポメラの方がいつでも書ける度70%増しです。

ポメラにはインターネットやメールといった誘惑が全くないという点がひとつ。

だってホラ、どんなに真面目でもネットが見れるといろいろ見ちゃうじゃん。YouTubeとかWebコミックとか。インターネットってとってもおもしろぉーーーい(小並感)。

それから書いている途中でいつでも中断・再開できるという点がひとつ。 なんとなく書いて保存せずに片付けても、次に電源を入れたらちゃんと続きから書けるんですよ。これはとても気軽に書けてよいです。いろいろはかどります。

ポメラ良くないところ:多少の慣れが必要

ポメラには立派なキーボードがついていますが、やはりある程度の慣れが必要です。私は普段RealForceというちょっとした高級キーボードを使っているので、打ちやすさのギャップがかなり大きいですね。しかし2日ぐらいである程度は打てているので、この小ささとしては素晴らしいと思います。

あと日本語入力についてATOKを搭載しているのですが予測変換などの機能はないので、最近のよく出来た日本語入力に慣れていると文章を打つ労力が大きいように感じます。まぁこのへんは仕方ないですね。

ポメラのわりとどうでもいいけどぜひ言っておきたいところ:キーボードの開き方がクール

使い勝手とは一切関係ないのですが、折り畳まれたキーボードが展開されていく様子は非常に男の子ゴコロを刺激されます。折りたたみを排除したDM100というモデルが一部のポメラマニアに受け入れられないそうですが、それも納得のかっこよさです。


↑このへんの動画で確認できます。

ポメラの感想まとめ:よく文章を書く方は絶対に買うべし

はっきりいってノートPCと機能がだだかぶってるのですが、どういうわけかポメラの方が圧倒的に便利に感じます。MacbookAirだってスリープからなら1秒ぐらいで起動するのに。不思議。

あと、ポメラ公式のスマホの専用ソフトでQRコードを読みとって文章を取り込むという機能が、聞いた感じでは面倒くさそうなのにやってみると極めて快適でした。超おすすめです。

特にDM20あたりはもう型落ちになるので、今(2014年4月)ぐらいが手に入れやすくて一番安いのではないでしょうか。最新機種は2~3万円しますし。

興味のある方この機会に購入して、私とポメ友になりましょう。なんだポメ友って。

新作アプリ

新作アプリのご紹介

TimeMachine-SF仕送りアドベンチャー
iPhone/Android対応。放置系SF仕送りアドベンチャー。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする