小さい会社を経営しているけど、税理士を変えたら色々良くなった話

お金

社員が私だけの会社「合同会社ズィーマ」を経営しています。

%%title

自分の会社を持っているといろいろと便利な反面、経理とか手続きが面倒くせえという部分があります。あとは赤字でも法人税取られるところとか。

特に面倒くせえのが決算で、やらないわけにもいかないのですが、自分でやるにはちょっと専門的すぎます。こんなん個人事業主と同じで会計ソフトからサクサクと申告できるようにすればいいじゃんと思うのですが、きっとそうすると都合の悪い大人がたくさんいるんだと思います。

そのくせ日本では欧米に比べて起業する若者が少なくてどうのこうのという。・・・まぁそれはいいか。

私は日々の記帳は自分でやって、決算だけ税理士さんにお願いするというスタイルでやっています。割とこういうスタイルの小さい会社は多いようです。

で、ようやく本題なのですが、今年はお願いする事務所を変えました。

昨年までお願いしていたのは、設立時からお世話になっていた事務所さんだったのですが・・・どうもブラック臭い。

毎年担当する税理士さんが別人になり、理由を聞くと前年の担当者は辞めたっていうんですよ。仕事っぷりも雑な上にメール返信も遅く、しかも素人目で発見できるほどにミスが多い・・・!

昨年の時点でやべぇと思っていたのですが、今年も義理で声をかけたら案の定、昨年に担当してくれた税理士さんは退職していました。こいつは臭えー!ブラック以下の匂いがプンプンするぜぇー!

っというわけで適当にググって見つけた良さそうな事務所さんと打ち合わせをして、条件も対応もよさそうだったのでお願いすることに。

結果は大正解でした。

メールはどんなに遅くても翌営業日以内に返ってくるし(割と当たり前)、

仕事内容にミスは見つからないし、

申告期限に1ヶ月近い余裕をもって終わらせてくれるし(毎年ギリギリ)、

しかも料金もちょっと安い!

変化を恐れず、ダメだと思ったら積極的に乗り換える精神が大切ですね。

ちなみに私の知り合いには、税理士に依頼せず、おまけにまともに記帳すらせず、決算の申告期限になると税務署に突撃して根掘り葉掘り聞きながら申告を終わらせるという強者がいますが、普通はマネ出来ないと思うのでオススメはしません。でも税務署報酬タダってすごいな・・・。

じぃーまでした。

新作アプリ

新作アプリのご紹介

TimeMachine-SF仕送りアドベンチャー
iPhone/Android対応。放置系SF仕送りアドベンチャー。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする