100万PVのすごいWebマガジン「All About Tips+(オールアバウトティップスプラス)」さまにご紹介いただきました

All About Tips+

月間100万PVの超ビッグWebマガジンAll About Tips+さまに、私のお店セレクトショップじぃーまで扱っているアイテム「Self Stirring Mug Ver2」を記事にしていただきました。

ズボラにやさしいマグカップ | デジタル・ガジェット | All About Tips+

1円も払ってないのにこんなに立派な記事にしていただき、零細ネットショップ的には本当にありがたいです。
※ 最近、変な広告やら取材商法?みたいな電話が多いのです。本当に超多い。

スポンサーリンク

やっぱりすごい有力Webマガジンの集客力

今までも雑誌フリーペーパーでは何度か取材に協力させていただきましたが、やっぱりWebマガジンさんに取り上げてもらうとCM効果が段違いです。この時期は特に繁忙期ない…というかぶっちゃけものすごく暇な時期なので今日も適当にブラブラ遊びに行こうかと思っていたぐらいなのですが、雑貨の記事の公開と同時にポンポンと注文が来て何事かと思いました。

  • システム障害
  • 悪質ないたずら注文
  • 幻覚
  • スーパーハカーによるハッキング

マジで上記のどれだろうかと思ってドキドキしたのですが違いました。ただの100万PVパワーでした。

注文がくると私のスマホに「ポンポーン」って2回鳴るようになってるんですけど、記事の公開直後から「ポンポンポンポンポーーーン」とか鳴り続けてスマホが壊れたのかと思いましたからね。ホントにポンポンいうんですよ。嬉しいドン引き(?)ですよ。

しばらくしたらポンポン具合も落ち着いてホッと一息つけました。危うくお金持ちになるかと思いました。危ないところでした。

新作アプリ

新作アプリのご紹介

TimeMachine-SF仕送りアドベンチャー
iPhone/Android対応。放置系SF仕送りアドベンチャー。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 興味ECンシンくん より:

    初めまして。ブログ参考にさせてもらっています。

    いきなり質問なんですが、開業するにあたり今theBACEやstore’s.jpなどのサービスが格安で利用できます。自らHPを立ち上げるメリットはどのようなところにあると思いますか?また楽天などのモールに出店しない理由はどんなところですか?よろしくお願いします。

    • 飯島勇介 より:

      > 興味ECンシンくんさん

      はじめまして!書き込みありがとうございます。

      1.自らHPを立ち上げるメリット
      これは単純に「埋もれない」ということだと思います。
      ただでさえEC界隈は過当競争なのに、そこでさらにBaseなどの無料サービスを使ってる群に参入しても、その他大勢のうちのいちショップにしかなれないと思います。
      逆にBASEやStoresで抜きん出られる人なら、もうどこでやってもバカ売れだと思います。私には無理です…。

      2.楽天などのモール
      とりあえず楽天に限って言えばですが、まず単純に参入障壁があります。
      出店料と広告費、そしてショップのクオリティ維持です。
      単純にそこそこ高い出店料に加え、楽天モールも過当競争中の過当競争なので、あそこで戦うには過剰な広告費の投入が必要です。
      そしてその広告費を賄うには相応の売上規模が必要です。
      売上規模を拡大するには人手が必要になり、お客様に届けられるクオリティの維持が難しくなるわけです。

      要するに、
      1.EC界隈は超過当競争だから、せめて誰も居ないところで目立つようにしようよ。
      2.人手が少なくても(っていうか一人でも)クオリティが維持できて、一人分の利益が確保できる売上のバランスを保とうよ
      というのを意識してやってます、というところでしょうか。

      • 興味ECンシンくん より:

        とても参考になります。やはり厳しい世界なんですね。いろいろなバランスを考えてやってみたいと思います。ご丁寧にありがとうございました。

        • 飯島勇介 より:

          こちらこそ丁寧なご返事ありがとうございます!とても嬉しいです。

          EC業界全体としてはとても売上が上げにくい状態になっていると思います。
          とはいえやっぱり自由かつ工夫の余地はいっぱいあると思うので、お互い頑張りましょうね!