量子力学と認識トレーニングに基づいた二次元世界への移住方法

量子力学のうんたらかんたら

ついに二次元の世界に移住する方法を発見しました。

この方法は最新の量子力学に基づく方法であり、決してオカルトや催眠術の類ではないことを最初に言っておきます。簡単に言うと、トレーニングによって人間の認知機能を自在にコントロールすることを可能にし、二次元の世界への移住を可能にします。

スポンサーリンク

トレーニングに必要な機器を用意する

まずヘッドマウントディスプレイと小型のカメラ(ウェアラブルカメラ)を用意し、2つを接続します。常にヘッドマウントディスプレイを装着して生活するのがトレーニングの基本となります。人間の意識は普段、両目の奥あたりに存在していますが、カメラを通した視点で生活することで、意識の位置はカメラに移動します。

ソニー ヘッドマウントディスプレイ “Personal 3D Viewer” HMZ-T3

新品価格
¥57,000から
(2015/4/1 11:18時点)

意識をコントロールするトレーニング

始めはカメラを頭部に取り付け、慣れてきたら肩、腹部、腕、脚など、様々な位置に場所を変えて生活します。このような生活を長期間続けることにより、あなたは今まで両目の奥に固定されていた自分の意識を自由にコントロールできるようになります。

両目を閉じて意識の場所を移動してみましょう。自分の意識をつま先から頭の先、さらに身体の外まで自由に移動できるようになればこのトレーニングは完了です。一般的に早ければ2~3日、長くても1ヶ月程度でできるようなります。

【国内正規品】 Go Pro ウェアラブルカメラ HERO3 ホワイトエディション(40m防水ハウジンク゛Ver.) CHDHE-301-JP2

移住したい世界の認識(観測)

続いて、移住したい世界を意識下に強く刷り込みます。具体的には部屋を暗くし、移住したい世界の情報(アニメやゲーム)に長時間没頭します。この間、三次元世界の干渉(電話、メール、人に会うこと、話すこと、その他全て)を完全に遮断します。

最新の量子力学研究の結果、人間が認知したものは現実に存在することができることがわかっています。反対に、誰も認識していないものは存在できません。詳しい解説は省きますが、あなたがその二次元世界を隅々まで完璧に認識することができれば、確かにその世界は存在するということです。

二次元世界への移住

数時間、場合によっては数日間その世界に没入し、その世界を隅々まで認識できれば、いよいよ移住の時です。先にトレーニングで身に付けた「意識の移動」を利用して、二次元の世界に意識を移動しましょう。

慣れないうちはまだ三次元の世界を認識しているので、戻ろうと思えばすぐに戻れます(トレーニングが不十分だと、勝手に引き戻される場合もあります)。

十分なトレーニングと二次元の世界の認識が完全である場合、三次元の世界はあなたの認識から外れ、二次元世界があなたの世界となります。移住の完了です。お疲れ様でした。移住の際には移住先世界をよく選定し、また今日が4月1日であることを忘れずに行動してください。

新作アプリ

新作アプリのご紹介

TimeMachine-SF仕送りアドベンチャー
iPhone/Android対応。放置系SF仕送りアドベンチャー。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする