自由に月間を行き来できる壁掛けカレンダーを作ってみた話

カレンダー

今月も翌月もその次の月も、自由にカレンダーを行ったり来たりして書き込みたい!

っというのも、壁掛けカレンダーって、今月と翌月ぐらいしか一度に見れないじゃないですか。

せめて半年先ぐらいまで行ったり来たりしたいと常々思っていたのです。めくるタイプのカレンダーだといちいちページをパラパラめくるのが面倒じゃないですか。書き込んでるうちにバサッと落ちてくるし。

市販のカレンダーにはそんな機能ありませんし、しかも買うと妙に高い。貰うとタダなのに。カレンダーって不思議。

っというわけで自分が満足するためのカレンダーを作ってみました。それがこちら。

スポンサーリンク

半年ぐらいを自由に往復できるカレンダー

自作カレンダー

ババン!

うわぁ!

ださい!

お分かりでしょうか、こちらのカレンダー。なんと自由にクルクルと回転させて、自分が見たい月を自由に選ぶことができます。

自作カレンダー
くるくる~(画像だと伝わらない…)

六ヶ月分のグーグルカレンダーを印刷してセロテープで止め、そのへんに落ちてた紙筒を通しただけの簡単&激安アイテム。製作時間5分。

いつでも半年間ぐらいの期間を行き来することができて最高です。

自作カレンダー
ついでに紙筒の部分にペンがしまえます。…しまわないけど…。

1年分を行き来できるようにしてもいいのですが、そうするとかなり縦長になって掛ける場所に困ります。まぁ定期的にバラして期間をズラしてもいいでしょうね。めんどくさいけどね。

割と便利だと思うのですが、見た目が最高にダサいのが難点。

そもそもGoogleカレンダーを印刷しただけなので、日付の字が小さくて遠目には読めないという弱点も。せめてエクセルで作ればよかったか!?

もっと素材とデザインを吟味して、ちゃんと作ったら売れるかもしれません。っていうか、だれか商品化してください(懇願)。

じぃーまでした。

新作アプリ

新作アプリのご紹介

TimeMachine-SF仕送りアドベンチャー
iPhone/Android対応。放置系SF仕送りアドベンチャー。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする