「君の名は」を批判する人を見てると辛い

お金

ここ最近、ネット界隈では「前にちょっと有名だったけど、最近ではほとんど話題に上らなくなった有名人が『君の名は』をとりあえず批判することでわざと炎上し、世間の注目を集める」という手法が流行っていますね。

そもそも「君の名は」を観てみたいと思いつつも当然のように観ていない私が言うのもアレなんですが、アレをやると、どんな凄い人物でも小物臭が漂ってくるので、ぜひやめていただきたいところです。

私みたいなクソ一般ピープルが超大ヒット映画「君の名は」を批判する分には「雑魚が勝手に吠えてやがる」で片付くのでどうでもいいのですが、

直木賞作家とか、

映画監督とか、

漫画家とか、

それぞれ素晴らしい作品を世に送り出している(いた)人がやるのはやめてほしいところです。一般ピープル的に見ていてその人にガッカリするし、その人の作品まで小物臭を感じてしまいます。

「あんな作品クソだし!ぜんっぜんおもしろくねぇし!あんな作品、見て喜んでる人間の気がしれないね!だいたい、あんなの誰でも作れるじゃん?作った監督はクソ童貞をこじらせたオタク野郎だ!大体、興行収入が全てじゃないじゃん?映像作品っていうのは崇高な表現媒体としてのどうのこうの」

まぁ、見ていてだいたいそんな感じです。

じぃーまでした。

新作アプリ

新作アプリのご紹介

TimeMachine-SF仕送りアドベンチャー
iPhone/Android対応。放置系SF仕送りアドベンチャー。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする