【雑感】全ての大人に必要な「現実的な妄想力」について

a0002_009103

「核兵器廃絶の署名にご協力いただけませんか?」

人通りの多い日曜日の駅前で知らないおばさんから声をかけられたのは、もう9年も前の話。女子大の学園祭に行くという崇高な使命のために、悲しき戦士たち(友人)が集まるの待っていた私が何事かと見てみれば、「核兵器廃絶」だか「世界平和」と掲げたのぼりを立てて、何人かのおばさま達がさかんに署名を募っています。

核兵器廃絶とは素晴らしい。この署名をどこかの怪しい団体があらぬ目的に使う可能性なんかは置いといて、本当に核兵器がこの世から無くなるなら、少なくとも無くならないよりはずっといい。署名なんてタダだしやっとくか。そう思ったのもつかの間、当時からクソ理屈野郎だった私は、ひとつの疑問が浮かびました。

「この署名をどう使ったら、核兵器がこの世から無くなるんだろう?」

日本の隅っこで集めた署名なのですから、当然ですが日本政府かどこかに提出するのではないかと推測します。しかし日本は(私の知る限りでは)核兵器なんて持ってない。それとも日本政府に対して、「世界中から核兵器をなくすための外交」を迫る署名でしょうか。そんな無茶な。それともまさか、どこか海外の核兵器保有国に対してこの署名を提出するんでしょうか。日本の隅っこで集めた署名を。そんなんもらっても核兵器保有国的には「お、おう…」ってなるよね。むしろイラッときて核兵器撃たれるんじゃないか。それはないか。

結果、私の口から出た言葉は「この署名をどう利用すると核兵器廃絶につながるんですか?」でした。

おばさんはしばらくムニャムニャとよくわからない理屈を話した後、「あなたみたいな若者がいるから…」と捨て台詞(?)を残して去って行きました。別に署名したくないと言ったわけではないのですが。

スポンサーリンク

ゴールと、そこにたどり着く筋道をリアルに妄想する

このおばさんがどこかの怪しい団体の構成員で、何かよからぬ目的のために署名を集めていたのでなければ、この署名運動は大の大人がやるにしてはいささかお粗末な行為だと思います。崇高な目的のためにがむしゃらに頑張るのは素晴らしいような気がしなくもないのですが、少なくとも最終的なゴールと、そこへ至るまでの道筋は描かなくてはいけない。

俺、太平洋をヨットで横断するよ!と宣言した男が一生懸命セパタクローの練習を始めたらビビるでしょう。どうやってオーバーヘッドキックで太平洋を横断するんだ、と。でも現実には「がむしゃらに頑張る人って素敵」と言われる。落ち着いて、セパタクローはタイの国技だよ!ヨットとはあんまり関係ないよ!!

店を開いたり会社を作ったりして最近なんとなく分かってきたところによれば、うまくいく人は「現実的なストーリーを想像(妄想)している」んだと思います。現実的な目標を立てて仕事を進めてると言ってもいいかも。現実的で達成できる目標の通りに進めるから、いずれゴールにたどり着く。もちろん現実的な妄想をするために、自分のやっていること、やりたいことに対して正確に情報を集めて、正しく状況を認識することも必要でしょう。

例えるなら名作格闘技ギャグ漫画『グラップラー刃牙』で、「催眠術に書けられて自分が圧倒的優勢だと思い込まされた愚地独歩が、催眠術にかかる前と後で全く戦い方が変わらない」というアレでしょうか。達人である愚地独歩は、戦いが思うに任せぬものであると認識しているので、妄想の世界でさえ敵からの反撃を正確に妄想(予想)し、ちゃんと戦えるのです。独歩やばい。そりゃもげた手首もくっつきますわ。

日本では昔から学校や少年マンガ、少女マンガの中で「とりあえず一生懸命頑張れば大丈夫だよ」と教えこまれますよね。戦後の経済復興時の思想でしょうか。特にプリキュアなんて、どんなピンチになっても「心に愛があれば」「諦めなければ」「仲間が大事だから」とか、なにかしら理由をつけて秘められたパワーが開放されて逆転します。敵がかわいそうです。パワー秘めすぎです。もっと普段から小出しにしろ。

しかし現実に必要なのはストーリーを作る妄想力です。がむしゃらに頑張っても病気になって倒れるだけで、秘められた何かパワー的なヤツがどこからともなく湧いてくることはありません。そう、認めたくありませんが、私はプリキュアじゃないのです。自分がやる気出せるとか出せないとかも、最初に立てた計画次第です。やる気を失って中だるみするのも計画に入れておけばいいわけですから。そもそも妄想力が逞しければ、やる気が湧いてくる前向な妄想もできます。「頑張ってなんとかする」のは子どものやることと理解して、現実的な妄想力を鍛えていかないといけないな、と思った次第です。

さて、もう何時間かでプリキュアが始まるのでいったん寝ます。見逃しちゃうじゃん(どうも、もうすぐ30歳になります)。

新作アプリ

新作アプリのご紹介

TimeMachine-SF仕送りアドベンチャー
iPhone/Android対応。放置系SF仕送りアドベンチャー。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 栗原 雄大 より:

    始めまして。

    私も今インターネットショッピングを始めようと思っているのですが、右も左も分からないので、まず、なにを始めたらいいか、わからない状態で困っています。

    仕入れるものはメーカーに言ったらいいのか? 後は何%を支払うのか? など、色々わからないので、教えていただきたいです。

    長々とすみません。 ぜひ、メールアドレスの方にご返信ください。
    よろしくお願いします。

    • 飯島勇介 より:

      > 栗原さま

      なるほどまさにゼロからスタートなのですね。
      まずは図書館などで、ネットショップに関する本を何冊か手にとってみてはいかがでしょうか。雰囲気がつかめると思います。
      ※なるべく新しい本を探すのが良いと思います。

      他にもドロップシッピングなど、お金のかからない方法でスタートして、感触を見てみてはいかがでしょう。

      申し訳ありませんが、多くの方に参考にしていただきたいので、メールでのやりとりは遠慮させてください。