2014年の年末年始に読み返したいと思ってるけど実際読むかは分からないオススメの3冊

どうも、じぃーまです。
今年は(非常にいい加減に記録してるEvernoteの内容が正しければ)69冊の本を読んだらしいです。適当にパラッとめくって終わらせた本もたくさんあるので本当に読んだかどうかはアレですが、69冊らしいです。

パラパラめくりまくり情報収集法 | はみ出るじぃーま

日本全国に存在する20938029382093831890人のじぃーま店長ファン…じぃーま店長のようになりたい、じぃーま店長ってカッコいい、じぃーま店長に抱かれたい、もういっそじぃーま店長を殺して自分が成り代わってやりたいという皆さんのために、私が年末年始で読み返したいと思っている(そして実際には餅食って寝てるだけで読み返さなかったりする)オススメする今年の3冊をご紹介します。

※どれも2014年に出版された本ではありません。私が2014年に読んだ本です。世界の中心は私です。えへへ。

スポンサーリンク

自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法


この本はすごいです。書いている内容は非常に簡単なようなのにうまく説明できないのでどこかの解説サイトでも調べて欲しいですが、とにかく人間関係のほとんどの問題が解決できるんじゃないか?という発見でいっぱい。一家にに1冊置いてほしい。むしろ税金でばらまいて欲しい。

新訳 成功の心理学 人生の勝者に生まれ変わる10の方法

新訳 成功の心理学 人生の勝者に生まれ変わる10の方法


自己啓発書はたくさん読みましたが、正直言ってこの1冊を深く読みこめば他の本は必要ないと思います。それぐらい完成された1冊です。30年近く読み継がれているっていうのも納得ですね。私の身にも毒にもならないブログを読んでいる時間があったら、ぜひこの1冊を手にとってみて欲しいです。

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん


いい加減私も30歳だし、そろそろお金の勉強でも始めようかなと思って読んでみたところ、目からウロコがボロボロ落ちてきて大変なことになった1冊。まぁものすごい今さら感のあるベストセラーではあるのですが、やっぱりベストセラーになるだけあっていい本ですよね。まだ読んだことのない方はぜひ。

チーズはどこへ消えた?


ちなみにベストセラー仲間で「チーズはどこへ消えた?」も読んだのですが、こちらはそこまで目からウロコは落ちませんでした。でもいい本でした。「チーズ〜」のポイントは「どんどん新しい領域を模索していこうぜ(適当)」という話だったのに対し、自分が常に新しい方策を模索し続けていてちっとも安住できないような状態なので、何を今さらっていう感じがあるのかもしれません。

まとめ

2014年は69冊読んだと冒頭に書きましたが、2013年は140冊ぐらい読んでたらしいんですよね。明らかに意識高かったですね2013年。このまま油断していくとお腹について久しい贅肉のごとくズルズルといってしまいそうなので、2015年も頑張って本を読みたいと思います。せめて100冊…いや95冊…70…ぐらい…かなぁ…。

新作アプリ

新作アプリのご紹介

TimeMachine-SF仕送りアドベンチャー
iPhone/Android対応。放置系SF仕送りアドベンチャー。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする