スーパーでよく見る「老害」たち

スーパー
日曜日の昼下がり、混みあったスーパーでひとり、ビニール袋に購入済みの食材を詰め込んでおりました。レジ横のビニール詰めコーナー(?)も混雑しており、私もせまい作業台のはじっこで、人の良さそうなマダムと肩を並べてせっせと詰め込み作業にいそしんでおりました。

そこに満を持して登場したのが、まるで絵本から飛び出してきたキャラクターのような「いじわるばあさん」。

私とマダムの間に(隙間なんてないのに)強引に買い物カゴをねじ込んで、「混んでる時はお互い様よね」と一言。まぁここまではギリギリいいでしょう(よくないけど)。ところがここから始まるしょうもない罵り合い。

(いじわるばあさん)「でも困ってる人には気が付かないとダメよあなた」

なぜそんな上から目線!?ちなみに当然のごとく、この言葉はガタイの良いおじさんの私ではなく人の良さそうなマダムに向かってのみ発せられました。

(マダム)「(突然の上から発言にびっくりしつつ)混んでるときは気が付かなくても仕方ないですわね。ごめんなさいね。」
(いじわる)「そんなんじゃダメよあなた。気をつけなさいね。お互いにね。早く終わらせてね。」
(マダム)「そんなに急かさないでくださる?」
(いじわる)「急かすつもりなんてないのよ(急かしてるのに)。気をつけましょうね、お互いにね」
(マダム)「・・・(面倒くさくなったのか、とっとと退散)」
(いじわる)「混んでるから仕方ないわよね。お互い様よね。」

なにが「お互い様」なのか全然わかんねぇ!

こういう「スーパーでの年配の方同士のトラブル」っていうのに割とよく遭遇します。今回はただのいじわるばあさんでしたけど、前に見たのは「カートでぶつかってきた」「傘で突っついてきた」という言いあいを70代ぐらいのおじいさんおばあさんがやりあっている姿。しまいには「店長呼んでこい!」とか言い出して、呼び出された店長も勝手にやってくれと思ったでしょう。まるで小学生のような・・・っていうか幼稚園児ぐらいのケンカ。それをいい大人も大人、人生の大先輩がやってる。

少子高齢化とか年金問題とか日本の将来を悲観したくなるニュースはたくさんありますが、こういう「人生の大先輩同士のしょうもないケンカ」を見る時ほど日本の将来に絶望する瞬間はありません。これじゃネットで「老害」なんて言葉を書かれても仕方ない。

まぁ人間、歳を重ねると脳の機能が衰えてワガママになってしまうのはどうしようもない、科学的な事実です。でも脳の衰えとは関係なしに、理性的な人間でいられるような素敵な人生を重ねていくことはできなかったんでしょうか。なんかもう自分のことしか考えずに生きてきちゃったんじゃないの?何十年も。

人生も終盤に近づいてきて、傘で突っついただの突っつかれただの言い合うような生き方はしたくないものです。少なくとも自分はそういう老人にならなくてすむように、いろいろがんばっていきたいと思います。

新作アプリ

新作アプリのご紹介

TimeMachine-SF仕送りアドベンチャー
iPhone/Android対応。放置系SF仕送りアドベンチャー。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 佐々木浩二 より:

    災難でしたね。
    こちらでも似たような経験があります。
    一番多いのはカートをぶつけられることかなぁ。
    あれって痛いんですよね。アキレス腱に当たるからw

    ところで、こちらでは「亀さんの日」というのがありまして、老人だけ割引される日があるんですよ。その時の混雑っぷりたるや惨憺たるものです。通常料金を払うお客はそっちのけですから困りモノです。
    割引客は専用レジにして欲しいのですが、、、

    それから、最近話題になっていた「冷却用氷泥棒問題」、観光地だからなのか「いつまですくってんだよ」ってのをよく見かけます。これは若い人でも悪い人が多いですね。人のふり見てなんとか、または反面教師とでも申しますか、、、

    • 飯島勇介 より:

      最近は年配の方をターゲットにした無料サービスや割引サービスが流行っていますね。
      これからもっと高齢化が進みますから、今のうちから年配の方を取り込むサービスを展開しておいたほうが良いということなんでしょう。
      それにしてもああいう方の「無料」とか「割引」への殺到っぷりはすごいものがありますね。

      もちろん若い人でも常識のない人がたくさんいますから、年配=悪ということは絶対にありませんが…。
      いずれにせよ、反面教師として自分は「ちゃんとした」老人になりたいものです。

  2. とおりすがり より:

    いじわるばあさん、こまったものですね。
    わたし、そういう方と遭遇すると血が上って戦いたくなってしまいます。
    なんとか、ぎゃふんと言わせたくなります。

    ですが、マダムのようにスマートに対処するのが一番なんでしょうね。
    図々しい人には毅然とした態度を!!

    • 飯島勇介 より:

      私もひとつガツンと言ってやろうと頭の中で作戦を練っていたのですが、いじわるばあさんというのは自分より物理的に強そうな人間には口を出さないようですね(笑)。

      マダムも相当イライラしていたと思いますが、しつこい展開になる前に切り上げていらしてさすがでした。
      これからもっと図々しいお年寄りが増えてくるのかもしれませんね…。

  3. コメントさせてください より:

    初めまして。
    今日、スーパーで「老害」に遭遇して、やりきれいな気持ちでいっぱいです。
    カートを平気でぶつけて、そのあとに人の顔見て「なんかした?」と。
    一瞬、何言っているんだ?このばーさんは。と思いまして。
    何もやましくないので、「はぁ?」と聞き返してました。

    今思うと、「何かやり返されるようなことをしたのですか?思い当たるのですか?」くらい訊いてあげたらよかったです。

    • 飯島勇介 より:

      災難でしたね。
      いわゆるカートアタック系ババアですね。
      下手にかまうと無駄に面倒なことになるので、「はぁ?」の一言で正解だと思われます。

      いい年こいてカートアタックしてその態度ですから、普段どれだけ寂しい生活をしているかは推して知るべしといったところでしょう。
      今度見かけたら、大いに哀れんであげてはいかがでしょうか。寂しいババアなんですよきっと。